交通事故の慰謝料

交通事故の慰謝料について弁護士に依頼すべき理由


細かい話になりますが、交通事故の示談金の内容には大きく分けて二つの要素が含まれます。

まず、一方は損害賠償です。これも失われた財産等の額と、将来得られたであろう利益で事故により損なわれてしまったもの(逸失利益といいます)の二つに分かれますが、いずれも計算のルールが決まっていて、それに従って算出することになります。加害者の態度などが悪かったからといって加算されることはほとんどありません。

保険会社の中の基準と裁判の場合の基準は違いますが、一般の方であっても裁判してもいいという確固たる意志をもって交渉に臨めば裁判の基準にそって賠償金を得ることも不可能ではありません。

しかしもう一方の要素である慰謝料のほうは被害者の入通院や後遺障害、死亡について、一応の基準はありますが上記のような要素があれば裁判で結果的に加算されることは珍しくありません。もちろん、加算された交通事故の事案に関しては、多数のケースで裁判となっており判例として書籍などで紹介されています。

これらについて一般の方が交通事故の専門書籍をチェックすることは難しいですよね。また、交通事故判例に関しては保険会社も知っているのですが、素人の被害者相手に判例に基づいた算出をするとは到底思えません。

以上のような理由から、慰謝料をアップするためには弁護士への依頼が不可欠なのです。すなわち、弁護士には判例の知識があります。ですから、保険会社側がその存在を隠している判例に関して指摘し、増額を主張することが可能です。

また、弁護士に依頼すれば訴訟提起を前提とした交渉が可能になりますので、裁判になれば負けてしまうと思えば、保険会社も折れて上乗せしてくれるわけです。

もちろん、加害者の態度の悪さや被害者の事情など、増額のファクターについては、一つひとつの事案で異なってきますので、一概にこの程度増額されるとは言い切れません。ですから、正直なところ、保険会社も判例などで明らかに増額されると思われるケース以外では交渉の段階では増額してくれないことも多いのです。

しかし、裁判となると話はまた違ってきます。裁判官は、判例を基にしながらも、個別的事情を見ながら判断しますので、加害者の落ち度や態度、被害者に酌むべき事情があれば慰謝料を大幅にあげることが可能になってきます。

また、そのような事案であれば、被害者やその遺族も裁判をしなければ気が済まないということが多々あるでしょうから、そういった意味でも初めから交通事故の示談金の交渉については弁護士に依頼したほうが得策であると考えます。”

  • 交通事故の時は損害賠償の他に弁護士費用もかかります 最近は自転車のマナーも悪化していますので自動車のドライバーが幾らマナーを守り周囲に注意していてもいつどこで交通事故に巻き込まれるかは分かりませんので、以前よりもより注意 …

    交通事故の時は損害賠償