交通事故の加害者

交通事故の加害者になったら弁護士に相談すると良い


交通事故を起こしてしまったら、すぐに110番通報する必要があるのですが、怪我を負った被害者がいる場合は119番通報を優先することになります。大切なのは被害者に誠実な対応を心がけることであり、その上で警察官による現場検証に立会い、言い分をしっかりと伝えるようにします。

現場検証では、交通事故の状況を書面にまとめられることになるのですが、後で検察官が起訴し、裁判官が判決を下す際の重要な資料となるため、間違いがないかをしっかりと確認することが重要です。事故を起こした直後に必要な対応としては、まず負傷者の確認・救護、次に周囲の危険防止の措置、それから警察への届出となっています。

その後、個人として被害者へのお見舞いや謝罪、保険会社への連絡が必要となってくるのですが、謝罪の時には加入している損害保険会社の名前や自賠責の連絡先、住所、氏名、車のナンバーなどを被害者か被害者家族に教えることになります。交通事故で相手に怪我を負わせてしまったり、死亡させてしまったりした場合、自動車運転過失傷害罪や自動車運転過失致死罪などが成立してしまうことがあります。

これによって刑事裁判で重く処罰される可能性があるのですが、逆に過失による物損事故などの場合は刑事事件にならないことがほとんどです。

また、最近では飲酒運転や危険運転、無免許運転などで交通事故を起こした場合、特に重く処罰される傾向にありますし、人身事故を起こしていなくても道路交通法違反で犯罪となることもあるので注意しましょう。

交通事故の加害者には、3つの法的な責任が生じることになります。まず、刑事上の責任についてですが、交通事故でも人身事故の場合には罰金や禁錮刑などの刑罰を受けることがあります。人身事故で自動車運転過失傷害罪に問われた場合は罰金刑となり、特に悪質な飲酒運転などは危険運転致死傷罪に問われてより重い罰則を科せられることになります。

また、危険を生み出す運転者を規制・排除し、道路交通の安全を確保するという目的を達成するため、行政上の責任というものもあります。これによって交通事故の加害者は、違反の基礎点数と事故の付加点数の合計により、運転免許証の拒否・保留処分や停止、取消し処分などを受けることがあります。

さらに、被害者に与えた怪我などに対し、加害者はしっかりと損害賠償をする必要がありますし、民事上の法的責任ではありませんが、被害者への誠実な謝罪をすることも大切と言えるでしょう。

交通事故を起こして困っているという場合、刑事弁護士に相談してみると良いでしょう。刑事事件に熱心に取り組む弁護士が直接相談に応じてくれる法律事務所などもあります。”