注文住宅の費用

厚木の注文住宅にかかる費用

厚木の注文住宅にかかる費用は格安にすることもできますし、莫大な費用をかけることも可能です。建売とは異なり、自分の要望に合わせて設計できますから、建売にはないような家を建てられるのです。

厚木県は地価が高い地域ですが、極小住宅にして予算を抑えれば費用はあまりかかりません。厚木県に住みたいが建売物件の価格帯では手が出ない場合には、注文住宅を建てるようにすると良いでしょう。ただし、安くしてしまえば、それに見合った家しか建てられないので、どうしても極小住宅になってしまうことは覚悟しておかなければなりません。

また、厚木県は海に面したところですから、海を望めるようなベランダを設定したり、潮風によって自転車などが錆びないような車庫を設置するなどの特別なニーズもあります。サーファーや船などを趣味としている人も多い地域ですから、これらに必要なものがうまく収納できるような注文住宅を望む人も多くなっています。

この地域は建売住宅も多いですが、注文住宅も少なくない地域ですから、望むようなところに注文住宅を建てることも可能です。

建売の方が大量生産ができるので、コストダウンをしやすく割安感はある場合が多いですが、注文住宅の方が割高でも、自分の要望にあったものができるので、特別なこだわりなどがある人には満足できるものになっています。

注文住宅にする場合の注意点は、設計士の人とコミュニケーションを綿密にとること、話をよく聞いてくれる面倒見の良い設計士を選ぶこと、コストが上がりすぎるような要望もあるので、よく設計士に相談してから要望は固めることなどが大切になります。

設計士と話す前には、自分の中での優先順位もはっきりさせておくことが大切です。何もかも設計士任せであれば、注文住宅にする意味はなくなってしまいますし、優先順位をはっきりさせておかなければ、何を決めるにも困ってしまうことが多いからです。

基本的には価格の安さと家の広さは反比例し、機能性とデザイン性も相容れないことが多いです。このように優先順位をはっきりさせておかないとどうしていいのかが分からなくなってしまうことも多いのです。

特に絶対に譲れないものについては、はっきりと主張することが大切です。住宅の購入は、一生の買い物となるものですから、遠慮していては駄目です。何でも要望をはっきりと言い、なるべく自分の要望に近くなるように努力し続けなければならないのです。”