弁護士に相談

睡眠不足が原因の交通事故は弁護士に相談


交通事故の原因といえば、飲酒運転などが思い浮かびますが、意外と多く関連しているのが睡眠不足です。一般的な状態に比べると眠気が引き起こす注意力の欠如や判断力の低下などは、車を運転するにあたり大きな障害となり、それが交通事故を引き起こしてしまうのです。

特に慢性的に寝不足だったり、すでに不眠症である場合には注意が必要です。また睡眠不足がひどくなり完璧に居眠り運転になってしまった時には、走行中の危険度はさらに増して、死亡事故などの重大な被害をもたらす事になります。実際に死亡事故の原因を調査すると、居眠り運転の占める割合が非常に高いのです。

また眠気を自覚していない場合でも、仕事などで強制的に起きていなければならないときには、体は睡眠を求めているので、不整脈などの何らかの変化が体に起こり、判断力やとっさの反応が鈍くなって、それらの要因が交通事故につながってしまうこともあります。近年では24時間営業の店舗なども増えていて、それに伴い夜勤で働く人も多くなっています。

仕事に伴う睡眠不足の対策は個人ではなかなかとることが難しいところです。しかしもしこれらの原因で交通事故を起こしてしまった場合、高額な損害賠償を請求されて、訴訟を起こされる可能性もあるという覚悟をしなければなりません。このような事故は自分で交渉するのは大変であるため、早急に弁護士を依頼する必要があります。弁護士にはそれぞれ得意分野があるので、依頼する時には交通事故に詳しい法律事務所に相談しましょう。

訴訟になると着手金や報酬金などの弁護士費用が多額に必要になるので、料金プランが明確になっている法律事務所であれば、安心して任せることができます。最近では、フリーダイヤルやインターネットのWebサイトなどから予約や相談を24時間受け付けているところもあるので、急いで相談をしたい場合には便利です。

もし交通事故を起こしてしまったら、まずはじめに被害者の状態を確認して救急車を呼び、それから警察へ連絡をします。その後実況見分などが行われるので、事実をきちんと話します。これらは調書として保管され、起訴の際の重要な資料になります。人身事故を起こした場合は、自動車運転過失傷害罪で重い処罰を受けるケースが多く見られます。普段から眠気がある時は運転を避けるなどの対応が重要ですが、万が一交通事故を起こしてしまった時には、誠実な態度で対応することが非常に大切です。”