交通事故の時は損害賠償

交通事故の時は損害賠償の他に弁護士費用もかかります

最近は自転車のマナーも悪化していますので自動車のドライバーが幾らマナーを守り周囲に注意していてもいつどこで交通事故に巻き込まれるかは分かりませんので、以前よりもより注意が必要になってきますが交通事故を未然に防ぐには自動車のドライバーはもちろん自転車のドライバー、そして歩行者も周囲に注意する必要が有ります。

近年は高齢者のドライバーも増えてきていますので余計に交通事故のリスクも高くなってきており、警察も講習会などでドライバーのモラル向上に取り組んでいますが人間高齢になるとモラルとは別に運動能力も落ちてきますので、本人の意思とは別に交通事故を起こしてしまうケースも少なくありません。

交通事故に付き物なのは損害賠償の問題ですが近年は自動車だけではなく自転車が加害者になるケースも出てきていますので、年々弁護士の相談や裁判での弁護の依頼も増加してきています。自動車が加害者のケースであれば保険会社が間に入り損害賠償の支払いの件でも比較的経済的負担も軽く済む事も有りますが、相変わらず時間のかかる事も多く精神的な負担はかなりのものが有ります。

交通事故は損害賠償以外にも弁護士の依頼料もかかりますのでこれは保険がききませんので自分で払わないと行けませんので、結果的には加害者も被害者も大きなダメージを受ける事になるのは間違い有りません。

自動車の交通事故でこれだけの負担がかかりますので、自転車が歩行者を轢いた場合は自転車は自賠責保険が有りませんので賠償金も弁護士の費用も全部自腹で払わなくてはいけません。

現在日本で起きている交通事故で賠償金が完済されているケースはとても少なく、被害者が泣き寝入りをしているのが現状で刑事罰をもっと重くすべきと言う声も上がっていますが、賠償に関してはあくまでも民事裁判ですので民事に警察が介入できないのが現状ですので、現在被害者を守る最善の策は公正証書に残し差し押さえる権利を確保することですが差し押さえる財産の無い加害者にはどうにもなりません。

現在被害者を守るシステムがほとんど無いのが日本の交通事故の現状ですが、それだけに弁護士の役目はとても大きいものとなり被害者に寄り添って被害者の利益を守らなくてはいけないのが現状です。

それ以前に自動車、自転車、歩行者の三者が常に周囲に気を配り交通事故を未然に防ぐ事が一番の方法で、司法や警察が動かなくて済む様な環境を作る事が何よりも大切になってきます。”